2022年 4月 の投稿一覧

車を購入するまでの流れ4STEP|支払い方法5種類詳しく解説

「車の購入方法を知りたい」
車を購入するには以下4つのSTEPがあります。

・車を選ぶ
・購入先を選ぶ
・車の購入を決める
・購入

そうはいっても、詳しく内容を知りたいですよね。

そこで本記事では車を購入する4つのSTEPから支払い方法まで以下の内容を詳しく解説しています。

・車の購入までの流れ4STEP
・車購入に必要な書類
・支払い方法5種類を紹介
・車の購入に関する3つの質問
・買い換えるなら一括査定がおすすめ
・ユーザーに満足度の高い一括査定ランキング3選

この記事を読むことで車の購入が初めての方でも、購入から支払いまでをスムーズにできるようになります。
早速1つ目から見ていきましょう。

1:車を購入するまでの流れ4STEP

 

初めて車を購入する方は、購入までの流れがわからず、不安に感じることが多いですよね。
車購入をスムーズにできる手順は以下4つになります。

・車を選ぶ
・購入先を選ぶ
・車の購入を決める
・購入

このSTEPを踏むことでスムーズに車を購入できます。
早速1つ目から見ていきましょう。

1−1:車を選ぶ

まずは、車を購入するにあたっての条件を設定をしましょう。
どの程度の予算を用意するのか、使用目的や乗車定員も明確にすると車選びがスムーズになります。

また新車にこだわるのか中古車にして予算を押さえるかというのも重要な点です。

1−2:購入先を選ぶ

購入先は主に以下4つになります。

・ディーラー
・サブディーラー
・中古販売店
・オークション

車の購入先も重要な要素です。
1つずつ詳しく解説していくのでご自分に合った方法をお探しください。

ディーラー
車の購入先で最もメジャーなのは、自動車メーカーが販売やメンテナンスを認定したディーラーです。
ディーラーは、自動車メーカーの認定を受けているだけあり、自社製品の情報が豊富で細かなところまで相談しやすい雰囲気があります。
メンテナンスのフォローも万全です。

ただしメンテナンスの質が高い分、車検などの価格は少々高めです。
質の高さを取るか、安さを優先するかはよく考える必要があります。

サブディーラー
サブディーラーは、自動車メーカーの認定を受けていない店舗です。
メーカーの縛りがないため、様々なメーカーの車を同時に取り扱っています。

一般価格よりも安い金額を提示している事が多く、安く購入しやすいのがサブディーラーの特徴です。

一方で、十分な補償を得られない場合があるというデメリットがあります。

中古車販売店
中古車販売の良いところは、なんといってもリーズナブルに車を入手できるところです。
ディーラーと違って古い車種の取り扱いも多いので、選択肢の幅が広がります。
同じ車種で比べた場合、中古車であればオプション付きの車やグレードの高い車を検討できます。

反面、コンディションが一定でないのがデメリットです。
定期点検記録簿をチェックすれば、メンテナンスの状況はある程度把握できますが、過去のオーナーの乗り方まではわからないので、状態を完璧に把握するのは難しいです。
中古車を検討する上で中古車販売店を選ぶ必要があります。

また下記記事では中古車の購入時にかかる費用について相場を詳しく解説しているので、中古車の購入を検討をしている方は本記事と併せてご覧ください。
参考記事:中古車購入時にかかる諸費用とは!?含まれる費用や相場を詳しく解説

オークション
業者専門の自動車オークション参加を代行してもらう方法です。
あらかじめ条件を伝えておき、それに合う車を落札してもらいます。

自動車オークションには多くの車が出品されるので、希望通りの車を見つけられる可能性は高くあります。

しかし、現物を確認できず返品ができないことや悪徳業者も存在するため、リスクがあることも確認しましょう。

1−3:車の購入を決める

購入の条件や購入先を決めたら、早速お店に連絡をしてみましょう。
希望通りの車を探すには少しでも早く動き出して、じっくり吟味する余裕も必要です。

欲しい車が決まったら商談に進みます。
商談では車の状態をしっかり確認し、オプションや補償の内容を確認しましょう。

1−4:購入

購入価格も決まり、いよいよ契約となったら必要な書類各種を用意しましょう。
車のオーナーが必ず加入しなければならない自賠責保険の加入手続きも同時に進めます。

契約に関しては販売店が手厚くサポートしてくれます。
あなたも気になる「必要書類」と「支払い方法」については本記事の2章と3章で解説していきます。

2:車購入に必要な6つの書類

車の購入には以下6つの書類が必要です。

・印鑑登録証明書
・印鑑
・車検証
・自賠責保険証
・委任状
・車庫証明書

それぞれがどのような内容の書類で、どこで発行できるのかをしっかりと覚えておきましょう。

2−1:印鑑登録証明証

普通自動車は「資産」として扱われるため、購入には印鑑登録証明証が必要です。
契約書に使用した実印が本人のものであるかどうかを照明してくれる書類となります。

発行は市区町村の役所で行われ、1枚あたり300円ほど必要になりますが、即日受け取り可能です。

2−2:印鑑

軽自動車の場合は認印、普通自動車の場合は実印が必要です。
普通自動車の購入を考えている時は、あらかじめ登録してある実印と印鑑登録証明書を揃えておきましょう。

 

2−3:車検証

車検章は、車が国の定めた自動車保安基準を満たしていることを証明してくれます。
登録時には運輸支局から交付されますが、基本的には販売店が準備してくれる書類です。

車だけでなく所有者の情報も記載されているため、個人情報が漏れないように扱いには細心の注意を払いましょう。

 

2−4:自賠責保険証

自賠責保険は、車の所有者全員に加入が義務付けられている保険です。
交通事故の被害者のみを保証するもので、運転手は保証対象外であることを覚えておきましょう。

保険会社や代理店で加入を申請できるのは、ほかの保険と同じです。
販売店が手続きしてくれるため任せても問題ありません。

 

2−5:委任状

自分で行うべき手続きを、業者などに代行してもらうために必要な書類です。
車の登録、名義の登録や変更など複雑な手続きは、販売店に代行してもらいましょう。

こちらも書類の用意は販売店がしてくれますが、記入は直質でないといけません。
販売店の担当者の指示に従って、間違いがないように記載しましょう。

 

2−6:車庫証明書

車を購入するときは、保管しておくスペースがあることを証明しなければいけません。
そのための書類が車庫証明書です。
発行は保管場所を担当している警察署の窓口で行います。

軽自動車を購入する場合は、車庫証明書は必要ありません。
普通自動車の場合のみ準備しましょう。

 

3:支払い方法5種類を紹介

車を購入する際の支払いには様々な方法がありますが、それぞれ予算の立て方や必要な費用が違ってきます。
気になる支払い方法には主に以下5つの方法があります。

・現金一括払い
・一般的なカーローン
・残価設定ローン
・クレジットカード
・カーリース

最近よく聞くカーリースについても解説していきます。

 

3−1:現金一括払い

現金一括払いでは、ローンの支払いに発生する金利がかかりません。
なのでローン支払いなどの他の方法に比べれば、支払い総額は安く済みます。

ですが現金一括払いをすると、一気に手元からお金が減ります。
思いも寄らない出費が必要なこともあると思うので注意が必要です。

 

3−2:一般的なカーローン

ローンであれば手元に現金が残るので安心感があります。
また現金一括払いよりもカーローンのほうが値引きを狙えます。

ですがローンの金利分を払わなければいけないので現金一括払いよりも高額になってしまいます。
カーローンで購入する際は金利分を詳しく調べましょう。

 

3−3:残額設定ローン

残額設定ローンでは、車の価格と残存価格の差額だけの借入れで済むので、通常のローンより少ない返済で済みます。

ですが契約終了後に予定通りで買い取ってもらうには、事故を起こしていない、走行距離が規定の数字内などの条件があるため注意が必要です。

 

3−4:クレジットカード

車のような高価なものをクレジットカードで決済すると、ディーラーや販売店が多額の手数料を払うことになってしまうので、車の場合はクレジットカード支払いを不可としているのが一般的です。

ただし、個人が経営する販売店などはクレジットカード払い可としているところもあります。
クレジットカード払いを検討している方は、購入先の店舗で一度確認してみてください。

 

3−5:カーリース

カーリースでは毎月一定の料金を払うだけで好きな車をマイカー同様に自由に利用できます。
しかも、ほとんどのカーリースの利用料金には、自動車税などの税金と自賠責保険なども含まれるため、初期費用がかかりません。

でずが残価設定同様の事故の有無や走行距離などの規定もあります。
カーリースを契約する際も規定をしっかりと確認しましょう。
また下記記事では購入とリースについて徹底比較をしているのでリースについてもっと詳しく知りたい方は本記事と併せてご覧下さい。
参考記事:車はリースと購入のどっちがいい?2つの入手方法を徹底比較

 

4:車の購入に関する3つの質問

車の購入には購入方法であったり書類の準備など様々な準備が必要で気になることも多くなりますよね。
そこでみんなが気になる車の購入に関する3つの質問をQ&Aでご紹介していきます。

 

4−1:車の購入費用を押さえるには?

車の購入費用を押さえるためには車種やグレードを変えることがおすすめです。
ただし中古車であれば人気の色やグレードを安く購入することも可能です。

 

4−2:車の購入とリースはどちらがおすすめ?

あまり車に乗る機会が少ない方は、レンタルやリースのほうが費用を抑えられるのでおすすめです。
月に何度も乗る方は購入したほうが安くなります。
また費用を抑えたい場合は中古車もおすすめです。

 

4−3:車を買うときに代車は借りられるの?

一般的には貸し出してくれる販売店やディーラーが多いですが、なかには、貸し出せない業者もいるので、確認をすることをおすすめします。

 

5:買い換えるなら一括査定がおすすめ

ここまで車の購入ステップから様々な支払い方法まで解説してきました。
ご自分に合った支払い方法も見つかり、欲しかった車への乗り換えをお考えの方もいるかと思います。
そこでご紹介するのは一括査定サイトです。
初めての方は、大変そうに感じると思いますが実は初心者の方でも簡単に高価買取を狙えます。
6章ではユーザーに人気の高い一括査定サイトを3つご紹介しているのでご覧ください。

 

6:ユーザーの満足度が高い一括査定ランキング3選

ユーザーの満足度が高い人気サイトは以下3つになります。

・カーセンサー
・ナビクル
・ズバット車一括査定サイト

それぞれ特徴がありますので、ご自分にあったサイトで査定してみてください。
早速1つ目から見ていきましょう。

 

6−1:カーセンサー

カーセンサーは、買取業者との提携数が1,000社を超えている大規模な一括査定サイトです。
最大同時査定数も30社と多く、初めての方も高価買取が狙いやすいです。
一括査定が初めての方、車の買取額を高くしたい方はカーセンサーの利用がおすすめです。

 

6−2:ナビクル

ナビクルは買取業者の提携数が55社と先程紹介したカーセンサーと比べると規模が小さくなります。

ただナビクルは、信頼した業者のみと連携を結んでおり、最大同時査定数も10社と少ない分査定結果を早く知ることができるというメリットがあります。

 

6−3:ズバット車一括査定

ズバット車買取比較は買取業者の提携数が200社を超えており最大査定数10社とバランスの良いサイトです。

ズバット車買取比較の強みは、カスタマーサポートを年中無休で行っている点で、いつでもわからないことを聞くことができるメリットがあります。

また下記記事では一括査定サイトが不安な方に向けて一括査定サイトの選び方や利用の仕方を解説していますので本記事と併せて御覧ください。
参考記事:車一括査定についてどこよりも詳しく解説!おすすめサイト5つも紹介

 

まとめ

本記事では車の購入方法について以下4つのSTEPをご紹介しました。

・車を選ぶ
・購入先を選ぶ
・車の購入を決める
・購入

購入について迷った際は本記事を再確認してみてください。
そうすることで後悔のない車を購入することができます。

EV車購入時3つのチェックポイント|EV車人気ランキングTOP3

「EV車ってよく聞くけど購入する時の選び方は?」
EV車を購入する時には以下3つのチェックポイントがあります。

・予算
・航続距離
・ボディタイプ

そうはいっても選ぶ基準がわかりませんよね。
そこで、本記事ではEV車購入時のチェックポイントからお得に購入できる補助金について以下の内容をお届けしています。

・EV車(電気自動車)購入時3つのチェックポイント
・【2021年】EV車(電気自動車)ランキング
・お得に購入!EV車補助金が熱い
・みんな気になるEV車のQ&A4選
・EV車買い替えで車を売却するなら一括査定がお得
・高価買取可能!おすすめ一括査定サイト3選

この記事を読むことであなたに合ったEV車を購入することができます。
比較的高額な買い物になるので後悔のないように選びましょう。

1:EV車(電気自動車)購入時3つのチェックポイント

EV車はガソリン車と比べると比較的高額なので購入する時に迷いますよね。
そこで後悔しないように選べる購入時3つのチェックポイントを紹介していきます。
3つのチェックポイントは以下です。

・予算
・航続距離
・ボディタイプ

後悔しないためにも早速1つ目から見ていきましょう。

1-1:予算

これからEV車を購入する人は、ガソリン車同様にボディタイプで車を選んだり、ガソリン車の燃費にあたる「電費」を比較して検討しようと考えるかも知れません。しかしEVは販売されている車種がまだ少なく「予算」によって購入可能な車種が限られてしまいます。
なおガソリン車との価格差を埋めるために国や自治体が補助金や税制優遇制度を設けています。
それらを使うことで通常の価格よりも安く購入することが可能です。

1-2:航続距離

次にチェックしたいポイントが「航続距離」になります。
航続距離とは、一回の充電で走行できる距離のことです。
同じ車種でも搭載されているバッテリー容量などによって航続距離が異なり、それによって車両価格も変わります。

EV車の課題点と言われる「航続距離」ですが40kWh以上のバッテリー容量がある車種を選ぶと充電切れをあまり心配せず車に乗ることができます。

1-3:ボディタイプ

前述したようにEVは予算によって購入可能な車種がある程度限定されます。
例として予算が300万円台の場合購入できるのは以下の2車種のハッチバックというボディタイプになります。

・日産 リーフ
・プジョー e-208

しかし予算を400万円まで引き上げると、セダンのテスラ「モデル3」やSUVのプジョー「e-2008」など選択肢が広がります。
乗りたいボディタイプから選ぶのも一つの手です。

2:【2021年】EV車(電気自動車)ランキング

今までは国産EVのリーフが代表的でしたが、2021年には国内だけでなく海外車も市場に投入されました。
各車の特徴とともにEV車をランキング形式で紹介します。

2−1:日本のEV車ランキングTOP3

1位 日産リーフ

電気自動車の代名詞とも言えるのが、日産から発売されているリーフです。
2017年にフルモデルチェンジを果たしバッテリー容量が2タイプになったことで航続距離がネックだった人も自由にEVカーライフを送れるようになりました。

2位 ホンダHonda e

「Honda e」は街中でベストに走れるようにと設計された、小回りのきくコンパクトな電気自動車です。
高トルクモーターを積んでおりアクセルを踏んだ瞬間ダイレクトに加速、ストップ&ゴーが多い市街地でもストレスなくドライブができます。
デザインや内装にもこだわっており、可愛らしい見た目と助手席まで広がるインパネは電気自動車に乗る気分を高めてくれるでしょう。

3位 マツダMX-30

マツダ初の量産EV「MX-30」はマツダならではの人馬一体となった走る喜びをそのまま感じられるのが特徴です。

モーターペダルを採用しているためペダルの重さを精密にコントロールし、足の動きに合わせたリアルな加減速を楽しめます。

2−2:世界のEV車ランキングTOP3

海外では日本よりも電気自動車の乗り換えやインフラ整備が盛んで、車種も豊富に展開されています。
輸入車EVとなると手が出しにくいと感じるかもしれませんが国産EVとほとんど変わらない価格で販売されている車もあります。
世界のEV車も各車の特徴とともにランキング形式で紹介します。

1位 テスラモデル3

テスラ「モデル3」はややコンパクトなセダンタイプの電気自動車で、初めてテスラに乗る人に向けてエントリーしやすい価格設定となっています。
3つのグレードのうち「スタンダードレンジプラス」であれば、479万円〜と国産EVと
同等の価格で手が届きやすいでしょう。

2位 プジョーE208

ハッチタイプのプジョー「E208」はコンパクトな車体ながら、ダイナミックな存在感を持ち合わせている電気自動車です。
デザイン性に優れており、ライオンの牙を思わせるLEDデイライトなど随所にプジョーならではのかっこよさを感じられるでしょう。

3位 アウディe-tron sportback

アウディ初となる電気自動車「e-tronスポーツバック」は、ワイドな八角形のグリルが目を引くインパクトのあるデザインが特徴です。
車両重量2.5t超えながら時速100kmまで5.7秒で加速するという、パワフルながらもしなやかな電気自動車特有の走りをしっかりと楽しめます。

3:お得に購入!EV車補助金が熱い

よくテレビや広告で見るEV補助金ですがどのくらいの額かイメージが付きませんよね。
簡単にEV補助金のイメージが湧くようにまとめた図が以下になります。

購入負担額=車両価格 ー 国の補助金 ー 自治体の補助金
(計算先の例)日産リーフの場合

【購入者負担額】   【車両価格】   【国の補助金】  【自治体A県の補助】
3,724,000円 = 4,544,000円 ー 420,000円  ー  200,000円

車両購入後、申請すると補助金が支給されます。
補助金制度の有無は自治体ごとに異なるので気になる車種をピックアップした後に調べてみてください。

また下記記事ではEVの補助金の申請条件について詳しく解説しているので、今記事と併せて御覧ください。
EV補助金の申請をスムーズに行うことができます。
参考記事:東京のEV補助金が熱い!3つの補助金でEV車をお得にゲット
https://www.genderadvisorybureau.com/ev-subsidy/

4:みんな気になるEV車のQ&A4選

EV車の購入には分からないことも多いですよね。
そこで購入金額のことはもちろん中古自動車についてもQ&Aの形で確認してみてください。

4−1:中古の電気自動車なら安く買える?

まだ発売されたばかりの車種が多い電気自動車。
そのため中古で購入できる電気自動車は、現状で日産「リーフ」一択と言えます。
日産「リーフ」は、3年落ちであれば約140万円から、5年落ちであれば約100万円から購入することができます。

4−2:電気自動車の実質負担額は?

日本のリーズナブルな電気自動車日産「リーフ」。
新車価格は300万円台前半から、補助金やエコカー減税などによる負担軽減は約90万円ほどです。
そのため実質車両価格は250万円ほどだと考えられます。

4−3:電気自動車の充電は安いの?

EV車の充電スタンド料金は以下になります。

普通充電:約70〜150円/1時間
急速充電:約250〜600円/30分

「ガソリン代とどっちが安くなるのか」は車の燃費や走行距離によっても変わるので一概には言えません。

4−4:軽の電気自動車はないの?

2022年に日産三菱が「lMk」という新型の軽EVを販売するというニュースが流れました。
実質負担額は200万円以下になると言われています。

5:EV車買い替えで車を売却するなら一括査定がお得

これまでEV車の購入時のチェックポイントや補助金について解説をしてきました。
EV車の購入意思が固まった方もいらっしゃるかと思います。
そこでEV車買い替えにあたって今の車売却のおすすめ方法をお伝えしたいと思います。

車の売却はズバリ一括査定サイトがおすすめです。
一括査定サイトでは、あなたの車を複数の買取業者が同時査定し、買取金額を提示してくれます。
一般的に一括査定サイトでの買取金額は、平均よりも高くなることが多く、高価買取を実現しやすいです。

また下記記事では、高く車を売却する5つのポイントについて解説しているので、今記事と併せて御覧ください。
お手持ちの車を高く売却することができます。
参考記事:車売却先の探し方は4STEP|車を高く売る5つのポイント紹介

6:高価買取可能!おすすめ一括査定サイト3選

一括査定サイトの中でも、高価買取可能なおすすめサイトは以下3つになります。

・カーセンサー
・ナビクル
・ ズバット車買取比較

上記の3サイトであれば一括査定サイトの利用が初めての方でも高価買取を狙うことができます。
全てのサイトで異なった特徴があるので1つずつ見ていきましょう。

6−1:カーセンサー

1つ目のおすすめサイトは、カーセンサーです。

カーセンサーは、買取業者の提携数が1,000者を超えている規模の大きい一括査定サイトです。
また同時査定数も30社と、自分に合った業者を選びやすいので高価買取ができます。
高価買取を1番に狙っている方はカーセンサーがおすすめです。

6−2:ナビクル

2つ目のおすすめサイトはナビクルです。

ナビクルは、先程紹介したカーセンサーに比べて提携数55社、最大同時査定数10車と比較的規模が小さいサイトになっています。
但しその分査定結果を他サイトよりも早く知ることができるので、お急ぎの方に向いています。

6−3ズバット車買取比較

3つ目のおすすめサイトは、ズバット車買取比較です。

ズバット車買取比較は、カスタマーサポートに力をいれているサイトで、年中無休でカスタマーチームが対応を行っています。

一括査定サイトが不安な方はいつでもお問い合わせできるズバット車買取比較がおすすめです。

まとめ

本記事では以下3つのEV車購入時のチェックポイントについて解説しました。
・予算
・航続距離
・ボディタイプ

チェックポイントを押さえつつ補助金を活用しながらEV車を購入しましょう。
そうすれば後悔のないEV車購入ができます。

車を安く購入する4つのポイントと安く購入する際3つの注意点を紹介

「車を安く購入したい」
車を安く購入するには以下4つのポイントを抑える必要があります。

・決算時期の3月か9月に購入
・中古車の業者オークション
・定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討
・車を下取りor売却

そうはいっても、詳しく内容を知りたいですよね。

そこで本記事では車を安く購入できる4つのポイントから新車や中古車の安く買うコツまで以下の内容を詳しく解説しています。

・車を安く買う4つのポイント
・新車を安く買う2つのコツ
・中古車を安く買う2つのコツ
・車を安く買う際3つの注意点
・乗り換えで車を売却するなら一括査定
・【安心】ユーザーに人気の高い一括査定3選

この記事を読むことで経費を抑えつつ新車や中古車に乗り換えることができます。
早速1つ目から見ていきましょう。

1:車を安く買う4つのポイント

車は、人生の中でも大きな買い物の一つですが、事前に安く買うためのポイントを抑えておくと出費を押さえることができます。
安く買うためのポイントは以下の4つです。

・決算時期の3月か9月に購入
・中古車の業者オークション
・定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討
・車を下取りor売却

これらのポイントを押さえることで車を安く購入できます。
早速1つ目から見ていきましょう。

1−1:決算時期の3月か9月に購入

自動車販売店では決算月の3月、半期決算月の9月になると業績向上のために車を安く販売し販売台数
を伸ばそうとする傾向があります。

コストを抑えたい方は3月か9月に車を購入することをおすすめします。

1−2:中古車の業者オークション

中古車の業者オークションを利用することで車を安く買える場合があります。
ただし、業者オークションは所定の条件を満たした業者しか認められておらず、一般の肩上が利用するには代行業者に依頼する必要があります。

ですが中古車販売店で購入するよりも安くていい車を手に入れる可能性があります。
一度、業者の方に問い合わせて代行手数料も確認してみましょう。

1-3:定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討

車を所有することにこだわりがない方はカーリースがおすすめです。
カーリースとは、月々に決まった額をリース会社に支払うことで車を利用できるサービスのことです。

リース会社によって料金形態は異なりますが、一般に車を購入するよりもお得に新車に乗ることができます。

また下記記事ではみんなが迷うリースと購入を比較しているのでリースが気になっている方は本記事とわせてご覧ください。
参考記事:車はリースと購入のどっちがいい?2つの入手方法を徹底比較

1−4:車を下取りor売却

すでに車を所有している場合は、車を買う前に今所有している車を売却して新しい車の購入資金に回すのもおすすめです。
その際、新たに車を買う販売店に下取りを出す方法が一番手間なく進められますが、べつの 店舗のほうが高く買い取ってくれる可能性があります。

その際便利なのが車一括査定サイトです。
詳しくは本記事でユーザーに人気の一括査定サイトをランキング形式で紹介していますので気になった方は御覧ください

2:新車を安く買う2つのコツ

新車を安く買うためのコツは以下の2つになります。

・モデルチェンジする車
・ディーラー以外のお店

聞いたことがない方法があるかも知れません。
新車を検討中の方は1つずつしっかりと確認をしていきましょう。

2−1:モデルチェンジする車

モデルチェンジ直前やモデルチェンジ後の旧型になる車は値引きしてもらいやすいです。
在庫に車が余っており、店の目標達成が難しい時があります。
そのような時に販売店は売れてほしいので値引きをするといった仕組みです。

車の値引き率は車種によって大きく異なるので一度店員の方に確認してみましょう。

2−2:ディーラー以外のお店

新車を購入できるお店は、ディーラーだけではありません。
「サブディーラー」というお店があります。
特定のメーカーと契約を結んでいない「サブディーラー」でも新車は購入できます。

ディーラーよりも新車が安く買えるときもあるので一度チェックしてみてください。

3:中古車を安く買う2つのコツ

中古車をお考えの方もいらっしゃると思います。
そこで中古車を安く購入できる2つのコツを紹介していきます。。
中古車を安く買うコツは以下の2つです。

・中古車を安く買える時期
・諸費用をカット

新車と違ったコツになるのでしっかりと確認し中古車をお得に購入しましょう。

3−1:中古車を安く買える時期

中古車の価格が安くなる傾向にあるのは、4〜5月頃です。
2〜3月頃は新生活に向けて車を乗り換える方が多く、乗り換えと同時に乗っていた車が手放されます。
こうして売却された多くの中古車が市場に多く出回り、在庫が豊富になる時期が4〜5月頃になります。
在庫が増える分、販売価格も下がる傾向にあるため、中古車を安く買うためには狙い目の時期と言えるでしょう。

3−2:諸費用をカット

中古車を購入する際、車両本体のほかに、以下の費用がかかります。

・法定費用
・各種手続きの代行費用
・納車前の整備、クリーニング代
・納車費用

法定費用以外の諸費用は、中古車販売店との交渉によって安くしてもらえる可能性があります。
例えば納車時は自分で販売店へ車を引取肉などの交渉をすれば、納車費用をカットできるでしょう。
諸費用を節約するには、見積もりをしっかりと確認して、カットできる項目がないか検討することが大切です。

4:車を安く買う際3つの注意点

車を安く購入できることは大きなメリットですが注意点も出てきます。
注意点は以下3つです。

・修復
・アフター
・年式

新車、中古車ともに注意点があります。
これらの注意点に気をつけて購入すれば後悔のない車を購入できます。
早速見ていきましょう。

4−1:アフター

新車、中古車どちらも購入する際にはアフターサポートが充実している販売店を選ぶ必要があります。
車は消耗品なので、使用するにつれて何らかの不具合が出やすくなります。
また中古車は新車に比べて年式が古く走行距離も長いため、故障リスクがどうしても高いです。

万が一車に不具合が発生した時の費用を削減するためにも、アフターサポートが付いている販売店を選ぶようにしましょう。

4−2:修復・水没

修復・水没歴は中古車の注意点になります。
車の見た目は比較的良いにもかかわらず、あまりにも安い価格で売られている中古車を見つけた場合は注意が必要です。
そのような車は修復歴や水没歴があるケースが多く、見た目で判断がつかない場合もあります。

修復歴がある車は購入後に不具合が出やすく、故障トラブルに見舞われた際は高額な修理費用がかかってしまいます。

もしも、価格が安すぎる中古車を見つけた場合は、販売店の担当者に修復歴や水没歴がないかを確認することが大切です。

4−3:年式

年式も中古車の注意点になります。
安く販売されている車の中には、新車登録から13年を超える車も多く存在しています。
このような車は、自動車税や自動車重量税が高くなるため注意が必要です。

価格を確認する際に年式も見てみましょう。

また下記記事では中古車の正しい選び方から失敗しないための7つのポイントについて解説しているので本記事と併せて御覧ください。
参考記事:中古車の正しい3つの探し方と失敗しないための7つのポイントまとめ

5:乗り換えで車を売却するなら一括査定

新車や中古車どちらに乗り換えたとしても気になるのはお手持ちの車をどうするかですよね。
売却しようとお考えの方にはおすすめのサイトがあります。
ズバリ車一括査定サイトです。
車一括査定サイトでは複数の買取業者の方が同時に査定額を提示してくれます。
ご希望の金額で買取を狙えるので売却の際は一括査定をご検討ください。

6:【安心】ユーザーに人気の高い一括査定3選

最後に紹介するのは初めての方でも安心して依頼できる車一括査定サイトです。
サイトは以下の3つです。

・カーセンサー
・ナビクル
・ズバット車一括査定サイト

それぞれのサイトに特徴があります。
高価買取を狙うために早速1つ目から見ていきましょう。

6−1:カーセンサー

カーセンサーは、買取業者との提携数が1,000社を超えている大規模な一括査定サイトです。
最大同時査定数も30社と多く、初めての方も高価買取が狙いやすいです。
少しでも車の買取額を高くしたい方は、カーセンサーの利用がおすすめです。

6−2:ナビクル

ナビクルは買取業者の提携数が55社と先程紹介したカーセンサーと比べると規模が小さくなります。

ただナビクルは、信頼した業者のみと連携を結んでおり、最大同時査定数も10社と少ない分査定結果を早く知ることができるというメリットがあります。

6−3:ズバット車一括査定

ズバット車買取比較は買取業者の提携数が200社を超えており最大査定数10社とバランスの良いサイトです。

ズバット車買取比較の強みは、カスタマーサポートを年中無休で行っている点で、いつでもわからないことを聞くことができるメリットがあります。

また下記記事では一括査定サイトが不安な方に向けて一括査定サイトの選び方や利用の仕方を解説していますので本記事と併せて御覧ください。
参考記事:車一括査定についてどこよりも詳しく解説!おすすめサイト5つも紹介

まとめ

本記事では車を安く購入できる以下4つのポイントについて解説しました。

・決算時期の3月か9月に購入
・中古車の業者オークション
・定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討
・車を下取りor売却

わからなかったところは、もう一度確認しましょう。
そうすることで、ご希望の予算で車を購入できる可能性が高まります。

中古車の賢い買い方と購入前に知っておきたいポイントを5つご紹介

初めての車を「中古車」でお考えの人必見!
初心者でもわかりやすい中古車の買い方から購入までの流れを詳しく解説します。

中古車の買い方については以下の4つをご紹介します。
・中古車販売店

・ディーラー

・中古車販売サイト

・個人間売買
また、初心者でもわかりやすいように、以下の4章に分けてご紹介します。
・中古車購入までの流れ
・中古車のメリット・デメリット
・中古車を賢く購入するコツ
・中古車の購入前に抑えておきたいポイント
これらを抑えておくと初心者でも安心して中古車を買うことができますね。
ぜひ最後までご覧ください。

1:中古車を購入する方法を4つ紹介

中古車の買い方には大きく4つの方法があります。
・中古車販売店
・ディーラー
・中古車販売サイト
・個人間で売買
それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

1-1:中古車販売店

最も身近な方法は、中古車専門の販売店に訪問する方法です。
道路沿いに値札のついた車が並べられているのをよく見かけますよね。
現車を自分で確認できて試乗もできますので、自分の目で細部まで確認することが可能です。

1-2:ディーラー

ディーラーは新車販売のイメージがありますが、自社メーカーの中古車販売もしているんです。
車種はメーカーのものに限られますが、メーカーに詳しいスタッフが納車までのサポートをしてくれるので、安心して中古車を選べますね。

1-3:中古車販売サイト

中古車販売サイトはCMでよく流れるので、カーセンサーやグーネットなど聞き馴染みがありますよね。
全国に多く存在する中古車の中から条件を絞って検索ができるので、自分に合った中古車が見つかりやすくなります。

1-4:個人間で売買

車のオーナーと直接売買をすることを指します。
この方法は売買する際に業者を介さないため、手数料がかからないのが利点ですが、整備が不十分だったり保証がついてなかったりとトラブルが起こる可能性もあるのが特徴です。
希少でどうしても欲しい車があるという人なら、この方法での売買が多いかもしれません。

2:中古車のメリット・デメリット

初めて中古車の購入を考えている人に中古車について詳しく知ってもらうために、中古車のメリットとデメリットをまとめました。

2-1:メリット

・値段が安い
・圧倒的な選択肢がある
・納車のスピードが早い
・気負いせず運転できる
初心者マークの人でも中古車なら新車に比べると気軽に運転できますね。

2-2:デメリット

・コンディションにばらつきがある
・保証期間が短い
・メンテナンス費用がかかる
中古車は当然、誰かが使用したものですので、汚れや匂いなどが気になる場合もあるでしょう。

また、下記記事では新車と中古車を全面的に比較しており、中古車の魅力についても詳しくご紹介していますので、ぜひ本記事と併せてご覧ください。

参考記事:新車は買うな!4つの理由と中古車購入が加速する魅力的情報をお届け
https://www.genderadvisorybureau.com/do-not-buy-a-new-car/

3:初めて中古車の購入を考えている人必見!中古車購入までの流れ

では、実際に中古車を買うときにどういった流れで納車まで進めるのか、手順を詳しく見ていきましょう。

3-1:予算・車種を決める

選ぶ車種によって本体価格やガソリン・車検・税金のような維持にかかる費用が異なります。また、購入時の頭金やローンの返済金額など、車種に加えて全体の予算を決めておくことが大切です。

3-2:希望の車を探す

中古車販売店やディーラーに訪問したり、インターネットの中古車販売サイトで検索したりして車を探してみましょう。
中古車販売サイトで車を探す際には取り扱っている地域に注目しておくと、来店予約後したら場所が遠方で時間とお金がかかってしまうといった無駄を省くことができますよ。

3-3:見積書を作成してもらう

欲しい車が決まったら、見積書を作成してもらいましょう。
車の条件は似ていても諸費用などで差が出る場合があるので、いくつか見積もりを比較することをおすすめします。

3-4:支払い方法を決めて契約

購入する車が決まったら、いよいよ契約へ移ります。
支払い方法は主に以下の3種類に分けられます。

・一括払い(現金・銀行振込・クレジットカード)
・自動車ローン
・残価設定ローン
・残価設定ローンとは、残価分(ローン最終回時点で残っている車の価値)を差し引いた額を毎月支払うローンのことです。
自分に合った支払い方法をしっかりと見極めましょう。

また下記記事では、現金一括払いとローン払いの注意点について詳しくご紹介していますので、ぜひ本記事と併せてご覧ください。

参考記事:車は現金一括で買っていい?4つの特徴に当てはまるかチェックしよう
https://www.genderadvisorybureau.com/car-cash-one-time-payment/

契約の際に必要なのは以下のものです。

・印鑑&印鑑登録証明書
・車庫証明書
・住民票の写し
・自賠責保険証明書
・委任状
普通車と軽自動車とで必要書類の内容が異なるので事前に確認しておきましょう。

3-5:納車

ここまできたらいよいよ納車です。納車日や時間を購入先と打ち合わせをして決めましょう。
納車後にはすぐ車の状態をチェックして、不具合などがあればすぐに問い合わせをしましょう。

4:中古車を賢く購入するコツ

初めて中古車を買う人にぜひ知ってもらいたい中古車を賢く購入するコツ3点についてご紹介していきます。

・欲しい車の相場を理解しておく
・安く購入できる時期がある
・見積書の「諸費用」を節約
この3点について詳しく見ていきましょう。

4-1:欲しい車の相場を理解しておく

中古車は一台ごとに価値が異なるので、欲しい車種の相場を把握して安い時期を狙ってみましょう。
モデルチェンジの時期は狙い目で、特に車の全体が変更される「フルモデルチェンジ」の時期がおすすめです。

4-2:安く購入できる時期がある

学生や新社会人がすでに車を購入し終えた4月〜5月は、車の価格が下がる傾向があります。
また、3月と9月の決算期は業者が販売台数を伸ばすために価格を下げる時期でもあります。

4-3:見積書の「諸費用」を節約

納車にかかる費用は、自宅に車を輸送してもらうためのガソリン代や人件費のことをさすので、自分で車を取りに行くと無料になるという策があります。
また、車庫証明書の取得も業者に頼まずに自分で手続きをすれば、代行手数料がかかりませんよ。
下記記事では、諸費用についての詳細を紹介していますので、ぜひ本記事と併せてご覧ください。
参考記事:中古車購入時にかかる諸費用とは!?含まれる費用の相場を詳しく解説
https://www.genderadvisorybureau.com/secondhand-car-expenses/

5:中古車購入前に抑えておきたい5つのポイント

中古車を購入する際にトラブルにならないために、以下の5点を抑えておきましょう。
・車を実際に確認しよう
・納車までどれくらいかかる?
・遠方からの取り寄せ
・ローンの金利
・保証がついているか

5-1:車を実際に確認しよう

中古車は新車とは違い、保証期間が短い場合が多いです。
納車した後に車に不備が見つかり、保証期間が切れていて対処してもらえないといったトラブルを避けるために、購入する車はできるだけ実車を確認しましょう。

5-2:納車までどれくらいかかる?

全ての手続きが終わったら、約2〜3週間で納車となります。
契約後に必要書類など、事前に用意しておくと納車までスムーズに進めることができますね。

5-3:遠方から取り寄せ

販売店によって具体的な陸送費は異なりますが、県外と県内の陸送費を以下にまとめました。
県内の場合
100km程度であれば数千円〜3万円ほど、300km程度であれば1万円〜5万円ほどかかります。
県外の場合
600kmを超えるような距離の場合、5万円以上かかります。
大手中古車販売店でも2万円以上かかります。
1,000km以上となれば8万円以上の費用がかかる場合が多いです。
自走して持ち帰ることも可能ですが、仮ナンバーを取得しないと運転できないので、販売店のある役場で仮ナンバー取得の手続きを行いましょう。

5-4:ローンの金利

中古車ローンの金利相場は1〜10%ですが、中古車の購入先によって金利の幅が異なります。
一般的なマイカーローンは銀行系のローンであり、金利はおよそ1〜4.5%です。
ディーラーローンの場合は多くが信販系のローンであり、金利はおよそ3.5〜10%で銀行ケイローンと比べると高くなりがちです。

5-5:保証がついているか

中古車は安さが一つの魅力ですが、相場より極端に安い車を選ぶと保証がついていないといったトラブルが考えられます。安さだけにこだわらず、保証の有無、期間、範囲については必ず確認しましょう。

まとめ

>本記事では、中古車の買い方について以下の4つの方法をご紹介しました。
・中古車販売店
・ディーラー
・中古車販売サイト
・個人間売買

また、中古車を賢く購入する方法について以下の3つを紹介しました。
・欲しい車の相場を理解しておく
・安く購入できる時期がある
・見積書の「諸費用」を節約

以上のコツを抑えて、初めての中古車購入に役立ててください。
購入の際にトラブルにならないために、本記事の内容をしっかりと頭に入れておきましょう。

もう迷わない!車を購入する5つの手順と6つの必需品を徹底解説

「車を購入したいんだけど、なんだか不安‥。」
人生でも車を購入する機会は決して多くはないです。
だからこそ、車を購入するときって不安が多いですよね。
でも、安心してください。知識がしっかりあれば、何も怖いものはありません。
車を購入するときの基礎知識を一つずつ順を追って解説していきます!
車の購入にさらに悩んでいる人に向けて、以下の内容をご紹介します。
・新車・中古車の【メリット・デメリット】
・カーリースという選択肢
・車をお得に買うためのコツ!
車を購入する前に、基本的な知識とお得に買うためのコツを知ることができます。
ぜひ最後までご覧ください。

1:車を購入するときの5つの手順

車を購入するときのコツは、「条件の優先順位をつける」ことです。
条件の優先順位をつけておくことで、車選びを円滑に進めることができますよ。
それでは車を購入する手順を①〜⑤まで見ていきましょう。
車を購入するにあたって、まずは条件を設定しておきましょう。

手順①:車を選ぶ

予算

予算の目安は、自分の年収の半分程度にしておくのがおすすめです。
また、本体価格の他にも保険料や維持費など、多くの費用がかかることも考慮しておきましょう。

車種

車を使用する目的によって車種を選びましょう。
乗車人数によって普通自動車や軽自動車など、タイプが大きく変わってきます。

手順②:購入先を選ぶ

次に、車の購入先を選びましょう。購入先は大きく以下の3つに分けられます。
・ディーラー
・中古車販売店
・オークション
それぞれの購入先の特徴を見ていきましょう。

ディーラー

ディーラーとはメーカーと特約店契約を結んだ正規販売店のことを言います。
自社メーカーの車のみを販売しているのが大きな特徴です。

中古車販売店

中古車販売店では複数メーカーの中古車を揃えており、ひとつの店舗でいろいろなメーカーの車を比較検討することができます。

オークション

オークションに参加する資格も持つ業者に車探しを委託する方法をオークション代行と言います。会員制なので信頼できる業者に依頼すると、全国に流通している中古車の中から自分好みの車を探してくれます。

手順③:購入する車を決める
次に購入する車を決めましょう。
買いたい車の目処がついたら、在庫の確認をして見積もりを取ります。
すぐに購入を決めるのではなく、いくつかの店舗で見積もりを比較してじっくり検討してみましょう。

手順④:契約する

購入する車が決まったら、必要な書類を揃えていよいよ契約です。
後々のトラブルを防ぐためにも契約書は細かくチェックをして、不明な点があれば担当者にしっかり聞くことが大事です。
契約が済んだら、支払いをして納車を待ちます。
支払い方法は大きく分けて以下の3つです。

・現金一括
・ローン
・残価設定型クレジット

それぞれの支払いの条件を確認して自分に合う方法を選びましょう。

手順⑤:納車

支払いが済んだら、あとは納車を待つのみです。
納期は購入方法によって差があります。

新車の場合

新車の一般的な納車期間は、注文から1〜3ヶ月と言われています。
人気車種や輸入車であれば年単位で納期が遅れることもあります。

中古車の場合

中古車の納車期間は、登録関連書類の回収から2〜3週間程度となります。
納車場所によって納車期間に差が出る場合もあります。

2:車を購入する際に6つの必要なもの

車の購入には以下の6つの書類が必要です。
・印鑑登録証明書
・印鑑
・車検証
・自賠責保険証
・委任状
・車庫証明書

あらかじめ必要書類を揃えておくと契約をスムーズに進めることができます。
また、契約時にトラブルにならないためにも、漏れのないように準備しましょう。
それぞれの書類がどこで発行できるのかもご紹介します。

2-1:印鑑登録証明書

契約時に使用する実印が本物であることを証明する書類です。
役所に行き、400円程の手数料で発行できます。
発行には印鑑登録証・本人確認書類が必要です。
手数料は市区町村によって異なるので、ご自身の地域で確認しましょう。

2-2:印鑑

軽自動車の場合は認印、普通自動車の場合は実印が必要です。
実印と印鑑登録証明書は必ずセットで準備しておきましょう。

2-3:車検証

車検証の正式名称は「自動車検査証」と言います。
車が保安基準に適合していることを証明する書類です。
車検証は販売店が準備してくれます。

2-4:自賠責保険証

自賠責保険とは、対人事故の賠償損害のみが補償される保険であり、法律により加入が義務付けられています。
販売店が手続きしてくれることが多いので自身で用意する必要はありません。

2-5:委任状

車の購入に必要な手続きを業者に代行してもらうために必要な書類です。
新車の場合はナンバー登録と名義登録の際に、中古車の場合は名義変更の際に販売店に手続きを委託するので、委任状が必要となります。
書類の用意は販売店がしてくれますが、記入は直筆でないといけません。

2-6:車庫証明書

車庫証明書は正式には「自動車保管場所証明書」と言い、車の保管場所が確保されていることを証明するものです。
発行は車の保管場所を管轄している警察署の窓口で行います。
ただし、軽自動車の購入の際には、車庫証明書は必要ありません。
車庫証明書を発行するためには、以下の書類が必要です。
・保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・保管場所使用承諾証明書または保管場所使用証明書
・保管場所の所在図・配置図

これらは全て警察署で受け取れます。

下記記事では、車種別に必要な書類について詳しくご紹介しています。
ぜひ本記事と併せてご覧ください。
参考記事:要チェック!車を買うときに必要なもの7つ+各書類の詳細をわかりやすく解説
https://www.genderadvisorybureau.com/car-what-you-need-when-you-buy/

3:新車・中古車の【メリット・デメリット】

車の購入を考えたとき、車の種類はまず新車と中古車の2つに大きく分けられます。
買いたい車は決まったけど、新車と中古車のどっちがいいのか悩んでいるという人は少なくないでしょう。
そこで、新車と中古車のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

3-1:新車のメリット

新車を購入するメリットは以下の5つがあげられます。
・オプションやグレードを自由にカスタムできる
・最新機能付きの車に乗れる
・保証が手厚い
・エコカー減税を受けられる
・新車という満足感が得られる

自分で発注した車に乗ることができるので、車に愛着が湧きます!

3-2:新車のデメリット

新車を購入するデメリットは以下の3つがあげられます。
・中古車に比べると価格が高い
・納車までの期間が長い
・生産が終了した車は購入できない

自分だけの特別な一台になる代わりに、多少の我慢が必要になってしまうのではないでしょうか。

3-3:中古車のメリット

中古車を購入するメリットは以下の3つがあげられます。
・価格が安い
・圧倒的な選択肢があり、全国から自分に合った車を探せる
・納車までの期間が短い

価格の安さは最大のメリットと言えるでしょう。
同じ予算で上級グレードの車を狙えるかもしれませんね!

3-4:中古車のデメリット

中古車を購入するデメリットは以下の4つがあげられます。
・使用済みである
・コンディションが一定でない
・保証期間が短い
・維持費がかかる

中古車は当然、誰かの使用済みです。
そのため汚れや臭いが気になるという方には向いていませんね。

4:【カーリース】という選択肢もあります!

新車と中古車についてご紹介してきましたが、「カーリース」という選択肢もあります。
新車か中古車か悩んでいる人がいらっしゃいましたら、カーリースという方法も検討してみてはいかがでしょうか。
カーリースについて詳しく見ていきましょう。

4-1:カーリースとは

「カーリース」とは、車を購入するのではなく、月々定額のリース料を支払うことで、契約期間に希望の新車に乗れるというプランです。

4-2:カーリースのメリット

カーリースのメリットは以下の4つがあげられます。
・貯金ゼロでも新車に乗れる
・好きな車を選べる
・車選びから審査申込みまでネットで完結する
・リース契約期間を選べる
契約期間の税金や諸費用も月額に含まれているので、まとまった出費がなく気軽に新車に乗ることができますね。

4-3:カーリースのデメリット

カーリースのデメリットは以下の4つがあげられます。
・走行距離に制限がある
・残価精算が発生することがある
・カスタマイズができない
・契約途中での解約や変更が難しい

自分の車をカスタマイズしたりドライブで遠出を楽しみたいという人には向いていないかもしれません。

下記記事では、カーリースと購入の比較について詳しくご紹介しています。
リースか購入かで迷っている人はぜひ本記事と併せてご覧ください。
参考記事:車はリースと購入のどっちがいい?2つの入手方法を徹底比較
https://www.genderadvisorybureau.com/car-purcahse-lease/

5:車をお得に買うための3つのポイント!

車は高額な買い物ですが、できるだけ安く買いたいですよね。
以下の3つのポイントを抑えて、賢くお得に車を買いましょう。
・安く購入できる時期がある
・「諸費用」を節約する
・車の下取り・売却
それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ポイント①:安く購入できる時期がある

自動車販売店では3月と9月に決算を設けている場合が多く、決算月に車を安く販売する傾向があります。
価格交渉もしやすいので、コストを抑えられます。
また、モデルチェンジの前後は、販売店が前モデルの車をなるべく早く売り切りたいと値引きをしている可能性があるので、モデルチェンジのタイミングを狙ってみましょう。

ポイント②:「諸費用」を節約する

少しでもコストを抑えるためには、車の本体価格以外の「諸費用」を節約しましょう。
書類の準備や手続きを販売店に依頼せず、自分で行うことで代行費用を抑えられます。
また、納車においても自分で車を取りに行くことで運送費用や代行費用も抑えることができますが、遠方に取りに行く場合は移動にかかる運賃と代行費用の差額に注意しましょう。

下記記事では、中古車を値引きする方法についてご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。
参考記事:中古車でも値引きができる!?お得な6つの値引き方法をご紹介
https://www.genderadvisorybureau.com/secondhand-car-discount/

ポイント③:車の下取り・売却

車を乗り換える場合は、今まで乗っていた車を下取りに出す、または売却して、その査定額を次の車の購入費用に活用することをおすすめします。
一般的にディーラーによる下取りよりも、中古車販売店などに売却する方が査定額が高い傾向にありますよ。

まとめ

本記事では、車の購入を考えている人に向けて、以下の4章に渡ってご紹介してきました。
・車を購入する手順
・車を購入する際に必要なもの
・新車・中古車の【メリット・デメリット】
・【カーリース】という選択肢もあります!
また、車をお得に買うコツについては以下の3つのポイントをご紹介しました。
・安く購入できる時期がある
・「諸費用」を節約する
・車の下取り・売却
これらのポイントをしっかり抑えて、新しい車の購入にお役立てください。