車を安く購入する4つのポイントと安く購入する際3つの注意点を紹介

「車を安く購入したい」
車を安く購入するには以下4つのポイントを抑える必要があります。

・決算時期の3月か9月に購入
・中古車の業者オークション
・定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討
・車を下取りor売却

そうはいっても、詳しく内容を知りたいですよね。

そこで本記事では車を安く購入できる4つのポイントから新車や中古車の安く買うコツまで以下の内容を詳しく解説しています。

・車を安く買う4つのポイント
・新車を安く買う2つのコツ
・中古車を安く買う2つのコツ
・車を安く買う際3つの注意点
・乗り換えで車を売却するなら一括査定
・【安心】ユーザーに人気の高い一括査定3選

この記事を読むことで経費を抑えつつ新車や中古車に乗り換えることができます。
早速1つ目から見ていきましょう。

1:車を安く買う4つのポイント

車は、人生の中でも大きな買い物の一つですが、事前に安く買うためのポイントを抑えておくと出費を押さえることができます。
安く買うためのポイントは以下の4つです。

・決算時期の3月か9月に購入
・中古車の業者オークション
・定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討
・車を下取りor売却

これらのポイントを押さえることで車を安く購入できます。
早速1つ目から見ていきましょう。

1−1:決算時期の3月か9月に購入

自動車販売店では決算月の3月、半期決算月の9月になると業績向上のために車を安く販売し販売台数
を伸ばそうとする傾向があります。

コストを抑えたい方は3月か9月に車を購入することをおすすめします。

1−2:中古車の業者オークション

中古車の業者オークションを利用することで車を安く買える場合があります。
ただし、業者オークションは所定の条件を満たした業者しか認められておらず、一般の肩上が利用するには代行業者に依頼する必要があります。

ですが中古車販売店で購入するよりも安くていい車を手に入れる可能性があります。
一度、業者の方に問い合わせて代行手数料も確認してみましょう。

1-3:定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討

車を所有することにこだわりがない方はカーリースがおすすめです。
カーリースとは、月々に決まった額をリース会社に支払うことで車を利用できるサービスのことです。

リース会社によって料金形態は異なりますが、一般に車を購入するよりもお得に新車に乗ることができます。

また下記記事ではみんなが迷うリースと購入を比較しているのでリースが気になっている方は本記事とわせてご覧ください。
参考記事:車はリースと購入のどっちがいい?2つの入手方法を徹底比較

1−4:車を下取りor売却

すでに車を所有している場合は、車を買う前に今所有している車を売却して新しい車の購入資金に回すのもおすすめです。
その際、新たに車を買う販売店に下取りを出す方法が一番手間なく進められますが、べつの 店舗のほうが高く買い取ってくれる可能性があります。

その際便利なのが車一括査定サイトです。
詳しくは本記事でユーザーに人気の一括査定サイトをランキング形式で紹介していますので気になった方は御覧ください

2:新車を安く買う2つのコツ

新車を安く買うためのコツは以下の2つになります。

・モデルチェンジする車
・ディーラー以外のお店

聞いたことがない方法があるかも知れません。
新車を検討中の方は1つずつしっかりと確認をしていきましょう。

2−1:モデルチェンジする車

モデルチェンジ直前やモデルチェンジ後の旧型になる車は値引きしてもらいやすいです。
在庫に車が余っており、店の目標達成が難しい時があります。
そのような時に販売店は売れてほしいので値引きをするといった仕組みです。

車の値引き率は車種によって大きく異なるので一度店員の方に確認してみましょう。

2−2:ディーラー以外のお店
新車を購入できるお店は、ディーラーだけではありません。
「サブディーラー」というお店があります。
特定のメーカーと契約を結んでいない「サブディーラー」でも新車は購入できます。

ディーラーよりも新車が安く買えるときもあるので一度チェックしてみてください。

<2>3:中古車を安く買う2つのコツ

中古車をお考えの方もいらっしゃると思います。
そこで中古車を安く購入できる2つのコツを紹介していきます。。
中古車を安く買うコツは以下の2つです。

・中古車を安く買える時期
・諸費用をカット

新車と違ったコツになるのでしっかりと確認し中古車をお得に購入しましょう。

3−1:中古車を安く買える時期

中古車の価格が安くなる傾向にあるのは、4〜5月頃です。
2〜3月頃は新生活に向けて車を乗り換える方が多く、乗り換えと同時に乗っていた車が手放されます。
こうして売却された多くの中古車が市場に多く出回り、在庫が豊富になる時期が4〜5月頃になります。
在庫が増える分、販売価格も下がる傾向にあるため、中古車を安く買うためには狙い目の時期と言えるでしょう。

3−2:諸費用をカット

中古車を購入する際、車両本体のほかに、以下の費用がかかります。

・法定費用
・各種手続きの代行費用
・納車前の整備、クリーニング代
・納車費用

法定費用以外の諸費用は、中古車販売店との交渉によって安くしてもらえる可能性があります。
例えば納車時は自分で販売店へ車を引取肉などの交渉をすれば、納車費用をカットできるでしょう。
諸費用を節約するには、見積もりをしっかりと確認して、カットできる項目がないか検討することが大切です。

4:車を安く買う際3つの注意点

車を安く購入できることは大きなメリットですが注意点も出てきます。
注意点は以下3つです。

・修復
・アフター
・年式

新車、中古車ともに注意点があります。
これらの注意点に気をつけて購入すれば後悔のない車を購入できます。
早速見ていきましょう。

4−1:アフター

新車、中古車どちらも購入する際にはアフターサポートが充実している販売店を選ぶ必要があります。
車は消耗品なので、使用するにつれて何らかの不具合が出やすくなります。
また中古車は新車に比べて年式が古く走行距離も長いため、故障リスクがどうしても高いです。

万が一車に不具合が発生した時の費用を削減するためにも、アフターサポートが付いている販売店を選ぶようにしましょう。

4−2:修復・水没

修復・水没歴は中古車の注意点になります。
車の見た目は比較的良いにもかかわらず、あまりにも安い価格で売られている中古車を見つけた場合は注意が必要です。
そのような車は修復歴や水没歴があるケースが多く、見た目で判断がつかない場合もあります。

修復歴がある車は購入後に不具合が出やすく、故障トラブルに見舞われた際は高額な修理費用がかかってしまいます。

もしも、価格が安すぎる中古車を見つけた場合は、販売店の担当者に修復歴や水没歴がないかを確認することが大切です。

4−3:年式

年式も中古車の注意点になります。
安く販売されている車の中には、新車登録から13年を超える車も多く存在しています。
このような車は、自動車税や自動車重量税が高くなるため注意が必要です。

価格を確認する際に年式も見てみましょう。

また下記記事では中古車の正しい選び方から失敗しないための7つのポイントについて解説しているので本記事と併せて御覧ください。
参考記事:中古車の正しい3つの探し方と失敗しないための7つのポイントまとめ

5:乗り換えで車を売却するなら一括査定

新車や中古車どちらに乗り換えたとしても気になるのはお手持ちの車をどうするかですよね。
売却しようとお考えの方にはおすすめのサイトがあります。
ズバリ車一括査定サイトです。
車一括査定サイトでは複数の買取業者の方が同時に査定額を提示してくれます。
ご希望の金額で買取を狙えるので売却の際は一括査定をご検討ください。

6:【安心】ユーザーに人気の高い一括査定3選

最後に紹介するのは初めての方でも安心して依頼できる車一括査定サイトです。
サイトは以下の3つです。

・カーセンサー
・ナビクル
・ズバット車一括査定サイト

それぞれのサイトに特徴があります。
高価買取を狙うために早速1つ目から見ていきましょう。

6−1:カーセンサー

カーセンサーは、買取業者との提携数が1,000社を超えている大規模な一括査定サイトです。
最大同時査定数も30社と多く、初めての方も高価買取が狙いやすいです。
少しでも車の買取額を高くしたい方は、カーセンサーの利用がおすすめです。

6−2:ナビクル

ナビクルは買取業者の提携数が55社と先程紹介したカーセンサーと比べると規模が小さくなります。

ただナビクルは、信頼した業者のみと連携を結んでおり、最大同時査定数も10社と少ない分査定結果を早く知ることができるというメリットがあります。

6−3:ズバット車一括査定

ズバット車買取比較は買取業者の提携数が200社を超えており最大査定数10社とバランスの良いサイトです。

ズバット車買取比較の強みは、カスタマーサポートを年中無休で行っている点で、いつでもわからないことを聞くことができるメリットがあります。

また下記記事では一括査定サイトが不安な方に向けて一括査定サイトの選び方や利用の仕方を解説していますので本記事と併せて御覧ください。
参考記事:車一括査定についてどこよりも詳しく解説!おすすめサイト5つも紹介

まとめ

本記事では車を安く購入できる以下4つのポイントについて解説しました。

・決算時期の3月か9月に購入
・中古車の業者オークション
・定額で費用を抑えて利用できるカーリースを検討
・車を下取りor売却

わからなかったところは、もう一度確認しましょう。
そうすることで、ご希望の予算で車を購入できる可能性が高まります。